琵琶とヨガがくれたShantiな毎日

Shanti シャーンティとはインドの古い言葉で、平和、安らぎのこと。編集者として働く私が、こよなく愛する琵琶とヨガの魅力を綴ります。

‟カフェ砂漠”西日暮里のオアシス!「喫茶 疎開サロン」さんをご紹介

こんにちは。薩摩琵琶奏者の中尾掌水、
ヨガインストラクターのゆうこです。
普段は書籍の編集者として働いています。

JR西日暮里駅、降りたことがありますか? なかなか降りる用事がないかもしれません。そう言う私も通過することは多いけど、降りることはあまりありませんでした。

でも、「喫茶 疎開サロン」という素敵なカフェが、2022年2月誕生しました!
こちらは疎開サロン」という演劇ユニットが経営するカフェで、前は大島にあり、西日暮里に移転してきました。(ちなみに、京成線新三河島駅も最寄り)

西日暮里はおしゃれカフェがない! その救いとなるお店です。

広々とした店内にアンティークの家具が並びます。

大島時代の頃もそうですが、店内で演劇公演をされることもあり、その際、置かれているインテリアはそのまま演劇で使われるのだとか。だから、今すぐ、お芝居がはじまってもおかしくない雰囲気の店内なのです。

大きなスピーカーからはレコードの音色。このスピーカーは四谷にあったジャズバーから譲り受けたそう。

上から高音、下からは低音が流れます。

お気に入りはカモミールティーです。店主さんのお父様が育てているのだとか。


店主はお酒好き(知り合ったのは、前にブログで紹介した「酒壺しずく」さん)なので、アルコールメニューも豊富です。

この日はカルダモン焼酎という珍しいお酒をいただきました。

フードのおすすめは「気まぐれカレー」。スパイスから、コトコト煮込んでつくられます。その日によって具材が変わるので、行く日によって内容が変わり楽しみです。

壁には過去の演劇公演の写真がずらり。

本棚に演劇関係の書籍が多いのも、このお店ならでは。

台本も置かれていて、ちょっとワクワクします。

●喫茶 疎開サロン
東京都区荒川区西日暮里6-32-3
営業時間:木・金・土・日曜17~22時(※月によって営業日や時間の変更があるので、事前にTwitter(@cafe_sokaisalon)で確認するのがベスト)

次のブログは、「長野県へ“のみ”旅してきました(琵琶の営業が目的です!)」です。
(2022年7月9日更新予定)

また活字館へ行ってきました「100年くらい前の本づくり」展で分解された本をじっくり

こんにちは。薩摩琵琶奏者の中尾掌水、
ヨガインストラクターのゆうこです。
普段は書籍の編集者として働いています。

3月に「活版印刷が大好き! おすすめミュージアム」で紹介した、「市谷の杜 本と活字館」にまた行ってきました。

目的は展覧会「100年くらい前の本づくり」。明治から大正、昭和までの印刷、製本技術を概観するものです。明治に入って、日本では、和紙を使った「和本」から洋紙を使った「洋装本」へと移り変わります。それを実物の展示を通して、知ることができます。 

本の部分名が書かれている図解イラストは大好物です。

おもしろいのは、分解された本が置かれていたこと。こうして背貼りに別の本を使っているなんて驚きでした。

サンプルの“分解本”は、触ることもできます。

夏目漱石は、装丁にもデザイン的な指示を出していたとか。芸術的なこだわりから、技術的に難しい角背をあえて選んだそうです。

展示内容に合わせてカフェのメニューが変わるのですが、それがいつも、本好きにはなんともたまらないユニークなものばかり! 

こちらは「折丁」ラテ。折丁とは製本前に、印刷された紙をページ順になるように折り畳んだもののこと。

館内のところどころに、図鑑っぽい文字が並び、編集者心をくすぐります。

散歩に心地よい気候だったので、30分ぐらいかけて歩き、印刷博物館にも行ってきました。こちらでは「マインツ・インパルス」展が開催中。

マインツ・インパルス(Mainzer Impuls)とは、活版印刷文化の保存を目指した署名活動。ドイツ・グーテンベルク博物館が中心となり、発表されたそうです。活版印刷好きなので! 仕事としてかかわっている方々は大変かと思うけど、ずっと残ってほしい。という思いを込めて署名してきました。

そして、印刷博物館の常設展示室に久しぶりに入ったら、展示内容が変わっていて、思った以上に時間をかけてじっくり見てしまいました。

徳川家康の出版戦争という展示がユニークでした。
実は彼の時代、日本各地では、活版印刷が盛んでした。息子に将軍職を譲った家康は駿府で、銅版活字(駿河版という)を用いた印刷・出版事業に力を注ぎます。木活字が主流だった時代に、金属製の活字を鋳造させて用いたという家康。勉強熱心・読書家な一面を感じさせます。彼がいなければ、日本の今の出版事業は少し違っていたかもしれません。

どちらも常設展示室がメインのミュージアムですが、何度行っても楽しめます。
市谷の杜 本と活字館「100年くらい前の本づくり」は7月10日まで
印刷博物館マインツ・インパルス」は7月24日まで

ichigaya-letterpress.jp

www.printing-museum.org


次のブログは、「“カフェ砂漠”西日暮里のオアシス!「喫茶 疎開サロン」さんをご紹介」です。(2022年7月2日更新予定)

大好きなまち千駄木・根津の大好きなお店Ⅴ 酒壺しずくさんをご紹介

こんにちは。薩摩琵琶奏者の中尾掌水、
ヨガインストラクターのゆうこです。
普段は書籍の編集者として働いています。

ドリンクは日本酒とお水だけ、という粋なお店が根津にあります。その名も「日本酒バー 酒壺(しゅこ)しずく」さんです。

店名「酒壺しずく」は、『万葉集』の歌人大伴旅人が詠んだ和歌「中々に 人とあらずは 酒壺に なりてしかも 酒に染みなむ」にちなんでいるのだそう。

“私は酒壺になりたい”(それくらい酒が好きだ!)という内容の和歌。1300年も前の人も、酒に熱い想いがあったんだなと思うとうれしいです。

私はチェーン系列や初めての居酒屋では、あまり日本酒を頼みません。なぜなら、悪酔いするから。でも、しずくなら悪酔いしません。店主が日本各地の酒蔵から厳選して取り寄せているから、どれを頼んでも安心して日本酒を楽しめます。

はじめのころは1.5杯ぐらいしか飲めなかった日本酒も、今では3杯オーダーしないと飲んだ気にならないという・・・このお店に鍛えられました。

赤色のカウンター席が印象的。そして、その店内に展示されているのはアートです。こちらのお店、昼間はLIBRE(リブレ)というギャラリー。夜だけ、日本酒バーに早変わり。でも、アートは展示されたまま。つまり、アートを肴に、おいしい日本酒を楽しめるという特別な空間なのです。

撮影時はコレクションによる常設展示。企画展も随時開催されています。

アートを堪能できるのは、目からだけではありません。こちらでは日本酒をオーダーすると、おちょこを選べるのですが、そのおちょこが作家さんのものばかり。実際に、アートに触れられながらお酒を味わうという、なんとも贅沢な体験ができます!

最近のお気に入りは、この津軽びいどろ。以前、ブログで紹介した「coccia」さんで販売されているおちょこです。自宅にも一つあります♪

カウンター席の座席部分も、実はアート。こちらで毎年企画展をされているアーティストさんが手縫いしたそうで、一脚ずつ絵柄が違っています。

店内奥は3階まで吹き抜けに。ここで一度、琵琶を演奏させていただいたこともあります。声がはるか頭上まで伸びていく響きの良さは、極上の心地でした!

おつまみは、いわゆる“かわきもの”。でも、こちらも、目利き(舌利き?)な店主セレクトの逸品ばかり。

私的大ヒットは、塩海苔。ほかの塩海苔も試すのですが、ここの塩海苔が最高点! ささいな塩梅なんですが、塩のほんのり具合がほかのものと比べて、ほんとに絶妙!

信頼して飲める日本酒、日本各地の絶品おつまみ。カウンター席で店主や常連客とまったり会話。私にとって日本酒の可能性だけではなく、人脈をも広げてくれたお店です。

●酒壺しずく
東京都文京区根津2-29-4
営業時間 19時~24時(月・火曜は休み)

電話 090ー3347ー9472

次のブログは、「また活字館へ行ってきました 「100年くらい前の本づくり」展で分解された本をじっくり」です。
(2022年6月25日更新予定)

気に入ってたお皿が真っ二つ! 初めて金継ぎに挑戦

こんにちは。薩摩琵琶奏者の中尾掌水、
ヨガインストラクターのゆうこです。
普段は書籍の編集者として働いています。

欠けたり割れたりした陶磁器を、漆を使い修復する「金継ぎ」に、前から興味がありました。買う方が時間的にもお金的にもいいのに…先人の知恵、物を大切にする心意気に脱帽です。
欠けたり割れたりした食器がないとできない…と思っていたら、気に入っていたお皿を落としてしまい真っ二つに! でも「これは金継ぎができる!」と早速、谷中のワト舎さん(@watosha_yanaka)で開催されている金継ぎ教室を予約。

金継ぎを教えてくれるのは、香箱(こうばこ @ko_bako)さん。陶芸家・金継ぎ作家であり陶芸家であり、古物商さんです。
https://www.creema.jp/c/ko_bako

昔、九州へ旅行した際に惚れて購入した九谷焼のお皿。アンティーク風なのですが、鮮やかなハイビスカスの絵柄が、とても現代的。

この皿は柔らかいため、金継用の接着剤が溶け込んでしまうかも。ということで、接着剤は使わず、全面的にパテでくっ付けることに。

割れた断面をやすりで、あえて削ります。地道に少しずつ削っていきます。

あえて削ったので、二つに割れた皿を合わせると、1mmほどのすき間ができます。ここにパテを少し多めに塗ります。硬化したのちに余分なパテを削るので、パテは多めに盛ります。

初めての私には、すぐ硬化してしまうパテはなかなか一苦労。うまくすき間にも埋まらないし・・・。割れ目の端も、あえて△に削ります。

かたまったらパテを削ります。目をつぶって手で割れ目をなぞり、違和感のないところまで、ひたすら削ります。

これがまた地道な重労働。1時間近く黙々と削ってました。

パテを削るのがこんなにも大変なら、もっとギリギリまでの“盛り”にすればよかったと思ったのですが、先生曰く「初心者はちょっと分厚いぐらいがいいです。削るのが大変だからと、パテを薄くすると失敗してしまうから」とのこと。

先生にも手伝ってもらい、ようやくここまで。割れ目の上の方、パテがちゃんと入っていなかったため、次回ここもやり直しです~

本来であれば(金継ぎ用の接着剤を使えれば)、3時間で終わる金継ぎ。私はパテをつける&削る時間が予定外に多かったので、ここで時間切れに。

次回、表面のパテをもう少しきれいにしてから、とうとう漆を塗る作業に突入です! 

皿を割った時はショックでしたが、金継ぎによって、新たな魅力をもったお皿に生まれ変わりそうで、今から楽しみです! 完成までは次回、またレポートします。

次のブログは、「大好きなまち千駄木・根津の大好きなお店Ⅴ 酒壺しずくさんをご紹介」です。(2022年6月18日更新予定)

大好きなまち千駄木・根津の大好きなお店Ⅳ 蕎麦 茶のみ処 カワイさんをご紹介

こんにちは。薩摩琵琶奏者の中尾掌水、
ヨガインストラクターのゆうこです。
普段は書籍の編集者として働いています。

根津は蕎麦の激戦区だそうですが、私ナンバーワンの蕎麦屋はこちら、「蕎麦 茶のみ処 カワイ」さんです。店主は双子の姉妹さん。仕事帰りに、このお二人が笑顔で出迎えてくれると、その日の疲れがさぁ~と引いていきます。

オープンは2018年7月。カウンター席とテーブル席があり、写真を見ても分かる通り、蕎麦屋というよりもカフェみたいにおしゃれです。女性一人でも入りやすい。

窓際の席も心地よいです。大きな窓から外の景色をぼんやり眺めるのが好き。

毎日手打ちしているという蕎麦は細めタイプ。せいろやかけ蕎麦もおいしいんですが、アレンジメニューもおすすめです。
千切りした香味野菜(ネギ、しょうが、茗荷、大葉)が山のように盛り付けられた「香味蕎麦」とか、マイタケのうまみがたっぷり溶け込んだつけ汁が◎「豚つけしゃぶせいろ蕎麦」など、もう・・・絶品!!です。とろっとのど越しのよい生湯葉をのせた湯葉せいろ」は、わさびもうまい!

「つけとろ蕎麦」のつけ汁のとろろ、見てください! 雲のよう…というよりも、お布団?ってくらい、とろろの層が厚い!

食べ終わった後は、こんなにつけ汁が激減!

辛味大根のすりおろしをたっぷりのせた「辛味蕎麦」は本当に辛い! でも、クセになります。お酒と合わせるなら、断然これ! 

おつまみもいろいろありますが、一品目に必ずオーダーするのが「焼き味噌」。くるみ、ねぎ、かつお節、そば米と西京味噌を合わせて香ばしく焼いたもので、カリカリくるみと、シャキシャキねぎの食感に、まろやかな味噌がベストマッチ。おいしすぎて、写真を撮ることをいつも忘れてます。
最近のヒットは「アボカド肉巻き天ぷら」。薄切りの豚肉でアボカドを巻いて揚げてあるのですが、アボカドのとろとろ具合と豚肉のあぶらのとけ具合が絶妙~。

日によって変わる日本酒にもこだわっています。

濃いめのとろっとした蕎麦湯を使った蕎麦焼酎もいいです。

蕎麦だけではなく、スイーツも楽しめるのが、ここの醍醐味。普通の蕎麦屋さん、スイーツはほぼない。もしくは、あっても頼むほどのメニューはない。でも、ここはスイーツも絶品。お茶とスイーツだけのカフェ利用もOKだそうです。

蕎麦屋さんならではのスイーツ「お蕎麦屋さんのシュークリーム」が一番好き。
でも、チョコの濃厚さに黒コショウのアクセントがグッドな「ガトーショコラ」も捨てがたし!(下の写真手前)

韃靼そば茶を牛乳で煮出した特製カスタードもいいし、やわらかく香ばしいシュー生地上に散らされたクラッシュしたナッツの食感もいい! 

コーヒーも一杯ずつ丁寧に、ハンドドリップで提供してくれますが、私はここの紅茶が好き。カフェならともかく、蕎麦屋さんで、こんなにおいしい紅茶飲んだことがないです。

クリームチーズ酒粕ブレンドした「酒粕のチーズケーキ」もここでしか味わえません~

蕎麦とスイーツ、両方楽しめる。お酒も紅茶もおいしい。蕎麦屋さんで、こんなにいろいろなメニューでお腹いっぱいになるなんて。その上、笑顔の素敵な双子の姉妹が出迎えてくれる。私は、蕎麦は絶対ここ。しばらく食べられないと、“カワイの蕎麦ロス”に陥ってしまいます。

●蕎麦 茶のみ処 カワイ
東京都文京区根津2-36-12 平野ビル1F
営業時間 12:00~22:00/日曜12:00~17:00(月曜は休み*祝日の場合は翌日)ラストオーダーは1時間前/蕎麦完売の際はクローズする場合もあり

次のブログは、「気に入ってたお皿が真っ二つ! 初めて金継ぎに挑戦①」です。(2022年6月11日更新予定)

ゆったりほっこり♪古民家deヨガの様子をレポート

こんにちは。薩摩琵琶奏者の中尾掌水、
ヨガインストラクターのゆうこです。
普段は書籍の編集者として働いています。

5月20日(金)に、琵琶演奏会でも貸して頂いた古民家・市田邸で、ヨガ教室も初開催しました。

当日はちょうどいい気候で、窓を開けておくと、心地よい風が通り抜けていました。

和やかな雰囲気に包まれて、少人数制のヨガクラススタートです。現代人に多いお悩み、肩・背中のコリ/腰痛の2テーマで2クラス開催しました。

14時スタートはまず「肩こりととのえクラス」。
パソコンでのデスクワークやスマホ操作が増える昨今、肩が前に出て猫背やストレートネックといった体のゆがみを抱えやすくなっています。これを解消するプログラムを実施。

肩を後ろに引くことを意識しながら、動きました。肩を後ろに引くと胸が広がり、自然と目線も斜め上を向きます。すると、気持ちも前向きになるんです。

続いて、16時スタートは「腰痛ととのえクラス」。
立っている時はもちろん、座っていても仰向けでも負担がかかっている腰。腰は上半身と下半身をつなぐポジションにあり、また、女性にとっては重要な骨盤を支える部分です。ここをケアするポーズを取り入れました。

腰に負担がかかる理由の一つが、お腹と背中の筋肉が上手に使われていないから。運動する機会が少なくなった現代の大人は、お腹と背中の筋肉が衰えがち。お腹と背中の筋肉をスイッチオンにすることを意識しながら動きました。

普段は、自宅からオンラインで個別にヨガをしている皆さんが集まり、リアルでのヨガクラス。こういった特別な空間で一緒にヨガをする体験は、とても新鮮に感じたようです。

また、目に見えるものは見慣れた自宅ではないので、体の感覚がフルに活動します。
畳や障子といった昔懐かしい空間。緑豊かな庭園。やわらかな木漏れ日。
耳には、鳥のさえずりや葉っぱの揺れる音。遠くから人の笑い声。
鼻から深く呼吸すると、新緑の青々しい香りが鼻孔をくすぐります。

蚊取り線香をたいたので、さらに嗅覚が活発化。雰囲気も抜群でした!

呼吸と一緒に体を動かすことで体のコリや緊張がほぐれます。しかも、今回はこの寛ぎ空間!皆さん、気持ちもほぐれたみたい。「ほっこりできました」「リラックスして自宅よりも体がのびのびしました」「あの時間とあの空間でしか感じることの出来なかったヨガでした」といったご意見を頂きました!

今後、この「古民家deヨガ」を続けていけたらいいなと計画しています。興味のある方はぜひご参加ください。少人数制なので、お悩みにも対応いたします!
オンラインヨガクラスは随時、開催しています!(オンラインは1対1のパーソナルレッスンです)

次のブログは、「大好きなまち千駄木・根津の大好きなお店Ⅳ 蕎麦 茶のみ処 カワイさんをご紹介」です。お気に入りのお店紹介、あともう少し続きます!
(2022年6月4日更新予定)

大好きなまち千駄木・根津の大好きなお店Ⅲ COUZT CAFE + SHOPさんをご紹介

こんにちは。薩摩琵琶奏者の中尾掌水、
ヨガインストラクターのゆうこです。
普段は書籍の編集者として働いています。

私史上ナンバーワン!でお世話になっているカフェ、COUZT CAFE + SHOPを紹介します。仕事などで目の奥がずーんとしている時、こちらに立ち寄ると、じわじわ溶けていきます。

おしゃれなカフェなんです。でも、“本当においしい”おしゃれカフェなんです。「店内はすてきなのに、ご飯がいまいち」というカフェは実に多い! でも、コーツトカフェは別物です。

スタッフさんが信頼できるところから食材(有機栽培や自然農法の野菜など)を取り寄せ、そして、なるべく自家製で調味料やシロップなどもこしらえています。おいしいだけじゃなく、体を気遣ったフードやドリンクなんです。

居心地のよさがあって、スタッフさんに会いたい気持ちもあって通ってしまいます。

とくに常連客のみなさんの醸し出す雰囲気がいい。食、人、空間…パーフェクトです!

心底おいしい。そして、体にやさしい。さらに、心もほどける空間と人。

店内ではイベントや展覧会なども。撮影時は、岡田しほさんの個展「Modern Japonisme -アンダンテ編-」が開催されていました。

いろいろなテーブル・椅子があり、どこも好き。

アンティークな青いイスの席も落ち着くし、冬は窓際カウンター席のストーブも好き。

窓には、イラストレーター柏木リエさんお手製の草花や蝶、動物たち。昼間は、太陽の光が当たりテーブルにやさしい影を描いています。

フード・ドリンクは、どれを紹介したらいいのやら……好きなメニューが多くて迷ってしまいます。「人生で一番オーダーしている外食メニューは何か?」と聞かれたら、迷わずこの「玄米タコライス」と答えます。

この自家製マヨネーズが絶品! 肉はそぼろというより、ハンバーグをあらくほぐしたかのような肉感! 隠れているかのようなチーズもほどよいアクセントだし、何気に玉ねぎのみじん切りもいい仕事してます。

スイーツも充実。まずスコーン! 最も私の理想に近いスコーン! 全粒粉なのに、なんておいしい! ちょうどいいホロホロ感。一生食べ続けたいです。

プレーンと季節の具材を使ったフレーバーの2種類。アーモンドをプードルに挽いて使っているそう。テイクアウト可能なので、いつもあるだけを買ってきてしまいます。

混ぜ込まれているナッツ、ドライフルーツは存在感たっぷり。フレーバーの具材はたいてい、添え物みたいな存在感なのですが、こちらのものは、それだけでもおいしい!

定番スイーツだけではなく、期間限定もあるから、さらに悩みはエスカレート。1月の「ガレット・デ・ロワ」(幸運のフェーブ、1度だけ当たりました!)、12月の「林檎のシブースト」は大好物。このスイーツがあるから、冬の訪れが楽しみなんです。

4月の「スパイシーフルーツソースのプリュレ」。“大人のプリン”ことプリュレは定番メニューですが、4月はスパイスやショウガ、レモンピールに漬け込んだフルーツを、プリュレにオン。フルーツ、スパイス好き私は、スルー出来るはずがない!

ドリンクは…お酒飲んでも、お酒飲まなくても、大満足の品ぞろえ。お酒を飲みたい時は、自家製ジンジャーシロップやレモネードを使ったオリジナルカクテルです。

レモンやジンジャー以外にも、ミントやエルダーフラワーの自家製シロップもあり、ソーダ割りなどでも楽しめます。暑い時期はこちらをオーダーします。

コーラ(はなんとクラフトコーラ!スパイスたっぷりで、これぞ“大人のコーラ”)を使ったカクテルです。

そして、オリジナルのジンジャーシロップ! 購入できるんです。自宅には、必ず欠かさないようにしているほど、大ファンです。

いつもはお湯割り、暑い時期は炭酸割り、たまにホットミルク割り。量産されていないので、普段はちびちび飲みますが、演奏会前など絶対に風邪ひきたくない!という時は、ちょっと多めに贅沢に。

コーヒー好きの友人もお墨付き!のコーヒー、紅茶、ハーブティ(オリジナルブレンド有)、中国茶、マサラチャイ、チコリーオレもいいし、ノンカフェインドリンクもたくさんあり助かります。

カフェオレ。ふわっふわ♪な雲みたいなミルク!

こちらのシェフが作るジャムも逸品なんです。普段、ジャムは買わないのですが、こちらで新作が出ると即買い。なぜって、季節のフルーツとスパイスの掛け合わせが絶品だから! そう、スパイス遣いが秀逸なんです。スパイス好きにはたまりません。

こちらは「はっさくのフェンネルマーマレード」。

はっさくと、フェンネル!ですよ。どうやってこの組み合わせが思いつくのでしょう♪

こちらは「イチゴ×クローブ」。

クローブが丸ごと入ってました☆スパイスをがりがり噛むのが好き。

どんな気分の時でも、誰と行っても、物足りなくなることなんてありえない、“本当においしいカフェ”。いつもお世話になってます。

●COUZT CAFE + SHOP(コーツトカフェ)
電話03-5815-4660
東京都台東区谷中2-1-11
営業時間 12:00~20:00*平日14~17:00はフードお休み/土・日曜、祝日は~18:00(水・木曜は休み)
http://couzt.com/

次のブログは、「5月20日開催 古民家deヨガの様子をレポート」です。谷中の古民家・市田邸で行ったヨガクラスの模様をレポートします。
(2022年5月28日更新予定)